|・集客できる 顧客サービス・応対

☆感動するサービスと2度と行かない店の違い。

投稿日:

●日本人はオフィスの環境が好き?
僕が知る限り日本くらいでしょうか。
帰宅後も部屋の明かりを白熱電灯にしている国民は。

留学中も「日本人はそんなにもオフィスの環境が好きなのですか?」と
冗談で言われるくらいです。

●欧米では暖色系の明かりを好む
欧米では暖色系の明かりでした。
ですので今の部屋もほぼ全部暖色系の間接照明です。
心理学的にも暖色系は特に夜は精神が落ち着きます。


●デスクワークには弱点
PC作業だと光量が足りないので机の天板に挟むタイプの
アームスタンドをつけています。
その部分がプラスチックで出来ているのですが折れてしまいました。


●それぞれの店の顧客応対
2店舗のお店に行ったのですが
1店舗目は大型の家具ショップで2階に子供用の
学習机などを扱っています。

入ってすぐお客は自分だけだとわかりました。
従業員の数だけが目に付きます。

こういう部品を探していると1階の店員さんに伺うと「2階へ」と
案内されすぐに2階に行きました。

メーカは違いますが該当の商品があったので女性店員に
「折れたのでこの部分だけ取り寄せてくれませんか?」と
たずねると変なことを言う客だという雰囲気をかもし出しながら

「うちで購入された商品ですか?!」
◇“いいえ”
「では出来ません!」
対応は以上でした。


●2店舗目
今度は大手の家電量販店にたまたま同じ商品があったので
店員さんに聞くと
「メーカーに問い合わせてみます」
「お時間が掛かりそうなので他の商品をごらんになっていて下さい。」との気配りも。
結局メーカーからの返事がいつになるの分からないとのことで
連絡先を教えて他の用を済ませるためその店を後にしました。

しばらくすると担当してくれた男性店員から携帯に電話があり、
「折れた部分はありますか?」と聞かれたので
“もう使えないので捨てました”と答えると

「本体の部分はありますか?」
“はい、ありますが”
何やらそのメーカO社はその商品の現物がないと代替を
発注しないという奇異なサポートだそうです。以前も電話して
あまりのヒドさにビックリしたメーカー0社です。

僕が“そちらで買った商品ではないですけど・・・”と告げると
その店員さんは「はい、ですがこちらで買ったことにして処理します。」
と告げられました。

値段の少し安い他のお店で買おうと思っていたipod用のキーボード。
すぐに戻ってその店員さんから
買ったのは言うまでもありません。

皆さんのサービスはもちろん後者の方だと信じています。

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。

ご縁に感謝



今日の改善提案


人に伝えたくなるような顧客対応をしていますか?

-|・集客できる 顧客サービス・応対

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.