|・プロ意識

☆頼まれごとは“あなたが試されている”

投稿日:

一流の人とそうでない人の違い
ホウ・レン・ソウができるかできないか?

わからない専門分野のことはあたり前ですが専門家に聞くようにしています。経理、IT、医療、さまざまな分野について訪ねますが
一流の人はすぐに返事を返してきます。
それは回答という意味ではないです。

中間報告のホウ・レン・ソウです。

100%の回答など存在しない。

100%の仕事の出来などあるわけがありません。
本人がそう思い込んでいるだけで
お客さまはその人に専門的なことについて尋ねるのは
すぐに回答が欲しいから。数ある人の中からその人に聞いたのは
その人はそのことについて正確に説明してくれると思ったから。

僕もパソコンでチラシやパンフ、マニュアルをつくる仕事をしてきましたが
50%の完成度でもいいから先にお客さまに中間の地点で見せないと
自分では100%だと思ってから1週間、2週間してから見せても
結果お客さまとの意図とは違い全部やり直しのことが初期のことは
多々ありました。

仕事の出来る人は「いま動画を製作中です。あと1週間ほど掛かります。」頼んでから3日以内に中間報告が出来る人です。

本人の中では「これをやってこの予定がキャンセルになったら
そのあとに連絡しよう」と思っているのでしょうが
相手には一向に分かるはずもありません。

いまあることをある人に訪ねているのですが、
結局何の返答もないので作業がストップしたままです。

結果、「この人には大事なことは頼めないな」と判断するしかありません。
なぜならいまお付き合いさせて頂いている大切な方に
「○○について詳しい人知りませんか?」と聞かれた場合、
「はい、ピッタリの人がいます。すぐに聞いてみますね。」と
その人に返答して、結果一週間も10日も返事がなければ
こちらの信用問題に関わります。

信頼とはレスポンスの早さです。

相手のことを大切に思っているなら一秒でも早く対応する。
それが人としての信頼を得ることです。
顧客対応も同じです。

「メニューください。」、「水ください。」と言って
10分も経ってから持っていくような店は
客足は遠のくばかりです。

言われたことにどれだけ迅速に中間報告ができるかです。
真面目な人に多いのですが「完全に出来てから報告しよう」
思っています。でもその完全は自分が思う完全であって
頼んだ人ととは違うかもしれません。たとえ50%でも
その過程をホウ・レン・ソウすることが相手に信頼感を与えるということです。

ましてお金を払って2週間も経過してからこちらからダメ出しをしてから商品を送るなどあり得ない対応ですが。

ねずっちが
「お好み焼き」と掛けまして、「ダイエット」と解きます、その心は…
一週間後に回答しても感動しないのと同じように

答え:ヘラない(減らない)と困ります。

「改善配達人に依頼した女性」と掛けまして、「街頭でキャンペーンのジュースを受け取った人」と解きます、その心は…

どちらも感無量(缶無料)です。

お後がよろしいようで(^O^)/

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます(^O^)/

ご縁に感謝

改善配達人

“今日の改善提案”

信頼=スピード

全力で対応しているのは相手にはすぐに分かる。

-|・プロ意識

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.