|・プロ意識

☆あなたのお店の名前は覚えやすいですか?

投稿日:

なぜか間違われる“ネーミング” 

改善配達する改善配達人です。

ですが2年以上の古いマニアの読者さんでさえ、
いまだにメールで配達改善さんです。

もちろん本名でメールを下さる方もいますが。

図書館にこもった日数も数えきれず一ヶ月かけて決めた名前。
改善配達人

配達改善人ということは改善よりも先に配達をして欲しい(笑)

でも改善よりも先に配達することって!?
まして女子起業家に(@_@)

“愛”(*^.^*)

もちろんご依頼時には全力で愛を含め
あなただけの“すぐに必要で”“すぐにできる改善提案”を配達しています。
(詳しくは「お客様の声」を)

改善配達人、こんな日本語の5文字の漢字の名前さえ間違えていただける(笑)

あなたの店名がイタリア語やスペイン語、フランス語、ドイツ語なら
ほぼ覚えてもらえません。

保証します! ※一年間保証付き(笑)

どうやったら覚えてもらえるか?
それはご依頼の方にだけ教えていますので・・・。

まだ起業前で名前が決まっていない人は
コンセプトにあった名前にしたほうがいいですよ。

ただイタリア語で「響きがカッコいいから」だと
お客さまの印象に残りません。

私はこういう理念でやっています。こういう理由でサロンをオープンしました。
お客さまにはこうなって欲しいのです。
だからお店の名前はイタリア語で○○という名前なのです。
(なんかご依頼していないのに教えているような きっと気のせい(笑))

理念に共感すれば=心が動く、
感動すれば記憶の定着率が上がるのはご存知のとおりです。

では、ここで問題です。

このブログの主催者の名前は

_______________

素晴らしいですね。

1.配達改善人=あなたのサービスは普通よりマイナス1つ星です。
(お客さまの名前を覚えるのは顧客サービスで絶対です。)

2.改善配達人=あなたのサービスは普通です。

3.僕のフルネームで答えた方=あなたのサービスは間違いなく5つ星です。

ひと手間かけてプロフィールまで行って名前を探す。

きっと来店時にもかならず同様のひと手間をかけて何かをお客さまに
提供しているはずです。
なぜならそれがあなたの無意識にできるサービスになっているから。

■今日の嬉しい出来事。
同じ6月誕生日の方にお祝いのメールを送ったら
「“配達改善人”さん、メッセージありがとうございます」で返信。

ここまでは普通です。返信して下さる事態、スゴイことですが。

先ほど、「“配達改善人”さん、と間違えてメールいたしました。

改善配達人さん・・・・ 」とお詫びのメールをすぐに再送されていました。

リアルでここのサロンを体験しなくてもわかります。

この人のサロンに行けば間違いなく
別格の5つ星の顧客サービスを体験できることを。

何度もいうようにメールの返信分で
その人の顧客サービスのレベルが分かります。


普段やっていることがその人のビジネスのレベルなのですから。

お金を払った途端5つ星になったことなど一度もありません。

メールの予約時、電話応対の悪いところ、
実際に行ってもその延長線上にサービスが有るだけです。

メールでの問合せの返答、電話での応対、
そこが素晴らしければお金を払ってもまず間違いはありません。

試しにお問合せメールから改善配達人に問合せてみて下さい。
もしかしたらあなたの長い人生で一度も出会ったことのない
顧客対応が待っているかもしれません。

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。

ご縁に感謝

改善配達人

“今日の改善提案”



お店の名前を覚えてもらうことは大事。

でもあなたが普段どれだけ相手のことを覚えているか?

気にかけているか?

自分が相手を覚えてこそ、相手もあなたを覚えてくれる。



-|・プロ意識

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.