|・人生

☆間違えてもいい 自分の間違いも相手の間違いも許す。:再掲

投稿日:

自分の間違いを許す

日々生きていれば
“あの時こうすれば良かった!”
“あぁ、なぜあんなことをしてしまったんだろう・・・”
と間違いをおかします。

『もし高校野球の女子マネージャーが・・』通称「もしドラ」の
著者ピーター・ドラッカーも

「人は優れているほど多くの間違いをおかす。
優れているほど、新しいことを行うからである。 」

他人の間違いも許す

他の人も同じように人である限り同様に間違いをおかします。
「自分の間違いを許せても他人の間違いは許せない」
そのような考えは自分で住む世界を狭くするだけです。

人であるかぎり間違える。

それが自分であろうが他人であろうが許すことで
広い心で受け入れることで自分の人生の世界も広くなります。

間違えたからこそ、そこから学べることがある。

初めてやることが失敗もせず全てうまく行く人などいません。
間違えてどうやったら次をうまく出来るのか
改善することでさらなる人生における
より良い位置へ上昇することが出来るのです。

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。

◆編集後記
昨日は多くの方からのお祝いのメールや
プレゼントをいただき感謝申し上げます。
改めてお礼申し上げます。
ありがとうございます。


ご縁に感謝

改善配達人

“今日の改善提案”


間違えてもいい。

そこから改善して未来を輝かせる種を撒けばいい。

-|・人生

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.