|・プロ意識

☆あと10年で『消える職業』『なくなる仕事』。あなたの仕事は?

投稿日:

あなたは自分自身で未来を予測する力がありますか?

・毎月どれだけお金を払って有料の情報を買っていますか?
・毎月どれだけの有益な書籍を購入して読んでいますか?
・毎月どれだけ感性を磨くために芸術関連にイベントに出かけていますか?
・毎月どれだけ自分と違う分野の人と交流していますか?

これらが一つの目安になります。

毎日テレビを見て、一般大衆紙を見て、週刊誌を見て
そこから得られる情報が事実だと信じていると大変な未来を
選択することになります。

10年後になくなるる仕事
生き残る仕事
オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」702業種によれば
これら仕事がコンピュータに代わられる確率はいずれも90%以上だとのこと

抜粋した職業をこちらに。
10年後に残る仕事なくなる仕事

未来を予測する力を養うのが当然の時代

士業と呼ばれる資格だけを持った実務経験もないような人が出来るような仕事は表にあるようにコンピューターが代替してしまうということです。

正しい職業選択をしないと
切符切りの仕事と言うのが以前は駅の改札でありましたが
それは「私は誰よりも早く切符を切ることが出来ます!」と
いまから努力して身に付けることと同じです。

これからの時代は、自分自身で未来を予測する力をつける必要と、
正しい情報を持った人、ソースを選択し、消える仕事を選択しないようにしていく必要があります。

今は1つの仕事だけでは生き残りが大変な時代になると言われています。
実際、頭ひとつ抜けている女性起業家の方々は本職の仕事の他に
“オンラインレッスン”、“DVD販売”、“他の人とのグループ結成”など
どんどん自己ブランディングして差別化をしています。

ブログにしても読者数も少ない、記事数も少ない、その時点で他の女性起業家の方々よりはるかに後れを取っているのに必死の努力が見えない。
ましてタイトル画像を自作のままなんて。
新規オープンのレストランで「看板は自分で作りました」とベニヤ板に
ペンキを塗ったようなお店にプロ意識を感じるかです。

それは将来的には選ばれない努力をしているのと同じことです。

世の中の流れを知らなければ、自分では一生懸命頑張っているつもりでも、ある日突然コンピュータがあなたの仕事をする日が来てしまうかもしれません。
ある日突然、自己ブランディングをじっくり時間をかけてきた人が
あなたの地域に入ってくるかもしれません。

そうならないためには、自分自身のブランドを高める努力が必要です。

放っておいても毎年のように新しいライバルが生まれます。

ロボットやコンピューターは芸術などのクリエイティブな作業には向いていません。あなたががそうして新しいスキルや知性を磨き
新しいスキルを身につけられなければ、
失業者に転落する可能性が高いということです。


数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さってありがとうございます。

ご縁に感謝

改善配達人


“今日の改善提案”


「なぜこのタイミングで私はこの人と出逢ったのだろう?」

それはあなたにその人がいま必要だから。

-|・プロ意識

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.