|・時間管理

☆年末の大掃除“溜まった本、チラシ、書類”あなたはどうする?

投稿日:

ドンドン溜まっていく紙類 包装紙そんなにためてネットショップでも始めるのですか?


一番、処分に頭を悩ませる「場所を取る」、「重い」、「捨てるのは・・・」の
“本”について
5つの方法で今日の記事は改善配達したいと思います。

方法1
自炊業者に頼む

あなたは「自炊業者」って知っていますか?

「はいはい、キャンプでご飯とか炊いてくれる人でしょう♪」

“はいはい、全然、違います(笑)”

一言で言えば
「自分が買った書籍を電子データ化すること 」です。

簡単な作業の流れを

「『自炊代行』の一般的な方法。ご自分でする場合もご参考に。

(1)まず、利用者が、業者に本の電子化を申し込み、業者に本を送付します。

(2)業者が、スキャンしやすいように本を裁断します。

(3)業者が、裁断した本をスキャナーで読み込み電子ファイル化します。

(4)業者は、利用者に電子ファイルをダウンロードさせるか媒体に記録して送付し、電子ファイル化した成果物を納品します」

業者により料金体系は様々ですが 例を上げると

1冊標準料金
100円
P.350まで

になっています。
自炊業者一覧
リンク
http://www.bookfire.net/

電子書籍で買える本はまだまだ少ないです。

現実、僕も11月から今日まで60冊購入しています。

紙から電子書籍への移行期なのですが
2013年に「自炊代行」が著作権侵害にあたるかどうかが争われ
自炊代行
「敗訴判決」が出て「全部自分でスキャンしろってこと?」
と大きく報道されていました。

年間多い時で1000冊読書しますが(専門雑誌を含め)
もちろんすべて購入ではないですが年々溜まっていきます。

先月2つ購入した書棚もすでにいっぱいです。

デジタル化は必須です。

余談ですが
この早い情報化社会の流れで自ら勉強しない人は
取り残されるだけです。新聞、テレビなどは終わった出来事の報告です。
「今日どこどこで○○がありました。」など。

最新の良質の情報はもっと別のソースを探す必要があうことに気づけるかどうかです。
だれもが知っている情報をみんなで共有していても
人より抜きん出ることは出来ません。みんなと同じで安心していると
そのみんなが間違っている時に気付いた時にはすでに手遅れです。

方法2
自動原稿送り装置(ADF)のプリンタで自分で行う

ADF┃オートドキュメントフィーダの略

僕もこの方法です。

以前の記事リンクはこちらから

☆たまった書類をカンタンに整理する方法とは?

ただ、いま冊数が多いので自炊に頼もうかと思っていますが
年末でそれよりも優先すべきことが多々あり、
年賀状も書かなくてはいけませんし悩ましい状態です。


方法3
捨てる

・本
「もう読んだんだから」、と思い切って捨てる

・書類
保存の必要な書類以外は捨てる

・名刺
3年経っても何の交流もない人の名刺は全部捨てる

ちなみに紙は室内の古い気を吸収するので余程いい気を持っているもので
無い限りドンドン捨てていかないと室内の気がよどみ運気が下がります。

・ご自分のお店の古いチラシ、案内書など
とくにサロンや教室経営の方は何年も前の改善前の古いチラシや案内状を
大量に保持している方が多く、それらも新しく改善したものがあるのなら
思い切って捨てる。

・大量の包装紙、紙袋
人に送るにしても新品を送るべきです。古い紙を送るのは
古い運気を同時に相手に送っているのと同じことです。

またその古い運気を大量に吸い取った紙を家に置いていることが
大きな原因です。


方法4
ブックオフなどで引き取ってもらう
ビックリするようなお値段で引き取って頂けます。
心臓の弱い方にはオススメしません(笑)

方法5
欲しい友人にプレゼントする
ただしあくまでも綺麗な新品同様の本を。

友人はブックオフではありません。


以上です。

何かお役に立てる情報があったのなら幸いです。

みなさんよい週末を♪

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。

ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案

古いものを捨て

新しいものを取り入れるスペースを作る

新しい年のスタート。

それは今までの固執した古い考えも捨てて

新しい柔軟な思考を取り入れくことも含む。

-|・時間管理

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.