|・プロ意識

☆10年以上経っても“感動”は忘れない。

投稿日:

あなたの指導法は感動を与え、相手の心に残る


手動タイプライターで13時間でブラインドタッチ

2つ思い出した事例があるのですが
今日はその1つを。

もう10年以上前だと思いますが、東京銀座で「13時間でブラインドタッチができます」
と書いてあった当時電話帳の広告。すぐ電話して入学しました。

まだブログなどをやっている人もほとんどいなくて
ブラインドタッチという言葉も全然浸透していなかった時代です。

レッスンは毎日1時間のみで全2週間。前半と後半1週間づつで担任の先生(女性)がそれぞれ付くのですが

最初のA先生が素晴らしかったです。おそらく20代後半に見受けられました。

学校のコンセプトも面白く、イギリスの手法で授業で使うのは手動タイプライター。そして「絶対に予習はしないでください」というメソッドにも感動しました。

結論から言えば、何の問題なく13時間でブラインドタッチが出来ました。
素晴らしい学校です。

ですが要点はA先生はたとえば今日の授業で間違いが多いキーがあった場合、
補習授業をするのですが、人によって言葉の表現を使い分けていました。

僕の場合は「○○さんは、ほとんど出来ていらっしゃるので補習も必要ないのですが、もしよかったら少し今日間違った部分だけでも練習されたら後半の伸びも違いますよ」のようななんとも上手な表現でした。

いまふうに言えばNLPやコーチングの天才。

少なくとも僕には最適な表現です。

これが「○○さん、今日はスペルのVとBの間違いが多いから補習していってくださいね!」
だったらどうでしょうか?

でもそんな先生は残念ながら、たくさん世の中にいまだにいます。

ですのでA先生のような素晴らしい先生に出会った感動は
もう10年以上経過していますがいまだにその場面を覚えています。


■編集後記

ところで昨日
アメブロからこんなプレゼントか来ていませんでしたか?

2016年 3ヶ月連続で更新中?N???b?J?[

嬉しいですね。

ブログを引っ越しながらも10年以上記事を書き続けている自分に
驚きです。

継続は力なり

いまその言葉の意味がよくわかります。

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さってありがとうございます。


ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案
感動とは心が感じて動くこと。

あなたのサービス、指導法も10年以上経っても人の心に

感動の一ページとして残るものでありますように。

-|・プロ意識

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.