|・人生

☆上質なお客さまを呼ぶには?

投稿日:

日々の行いが他との圧倒的な差になる

外国人が地図を見て迷っていたら?


今、世の中ではSNSが流行っています。
僕は一切やりません。10年以上前にフェイスブックをやって
日本に戻ってきてからは一切やっていません。

人と人とつながるツールだそうです。

また最近は道に迷っている外国人がいてよく観察してみると
スマホで見ている人たちがいるので声を掛けるべきかどうか一瞬迷います。

GPSが付いているのでルート検索で今いる場所からその場所まで
寸分違わず案内してくれるので。

スマホの普及で人と人とのコミュニケーションをとるタイミングを奪うようなツールに感じます。

便利になったようで不便になったとつくづく感じます。

以前、福岡県の中心街、天神のアップルストアーの近くでバックパックを背負った30代くらいの外国人の男性(Aさん)が地図を広げて迷っていました。

僕もその街に住んでいないのでまったく詳しくないのですが
週末だったと思いますが1分間で何百人という人がAさんの目の前を交差している中、誰一人声を掛けません。

信号を渡って道路の反対側にいた僕はその光景を見て
再び引き返し信号を渡りその外国人男性に声を掛けました。

声を掛けられたAさんは安堵した様子で会社からもらった日本語で書かれた用紙を取り出し見せてくれました。
もちろんAさんには日本語は全く読めないので。

住所が記載してありましたが僕も地元ではないので、
その場所がどこかまったく分からずどうしよかと思って周りを見ると、
近くでチラシを配っていた女性がいたので聞いたところ運良く詳しい人で
その場所を教えてくれました。

Aさんがまた迷うのと行けないのでその会社の玄関まで一緒に行きました。

満面の笑みで「ありがとう」と言って下さって今でもその笑顔が忘れられません。

ただ僕は

「何がSNSだ。ふざけるな!」と言いたいです。

目の前で困っている人がいるのに誰一人声を掛けられない。

そんな人として一番大事なコミュニケーションを取れない人と
繋がっていったい人生にどれだけプラスになるんだろうというのが
僕の意見です。

そんな人間と何百人、何千人と繋がっても人生は豊かになりません。
それは非常に希薄な人間関係だからです。

□量よりも質

ブログの読者数にしても上辺だけの読者数を増やしても仕方ないです。
僕もこちらから読者登録をするときは相当選んで登録しています。
記事から共感できない人はまず登録しません。

人はみな上辺の数を求めます。大事なのは質です。

5つ星ホテルやレストランに高い料金を払っても人が行くのは
“質”を求めているからです。

質の高いサービスとは何でしょうか?

それは“人が人に提供するもの”です。

料理であったり、アメニティであったり、設備であったり、
雰囲気であったり、
結局はそれらを用いて最終的に“人に感動を与えることのできる人”で
しかありません。

量で人とつながることも大事かもしれません。

でも結局とそのつながった人たちと
どれだけ本気で繋がっていけるか
どれだけ相手を思ってお付き合いを大切にしていけるか

自分の質を上げない限り、上質な人は相手にもしてくれません。

「自分さえ良ければいい」
それは欲で循環する社会です。

「まず相手を思って自発的に何かをする」
それは愛で循環する社会です。

そんな社会に改善したい。

そんな記事を配達したい

改善配達人

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さってありがとうございます。


■編集後記
明日から4月1日
早いですね。
新メニュー発表します♪
エイプリルフールで言っているわけではありませんので(笑)

興味のある方はぜひ♪
前回の名刺もすぐにお申し込みで一杯になりました。


ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案


困っている人に声を掛ける それは立派な無償の愛。

何の対価も求めず、自分の時間を割いてでも相手を助けたい

困っている問題を改善したい、

それは結局は自分に返ってくる。

-|・人生

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.