|・集客できる 顧客サービス・応対

☆集客できる人は“相手目線”、出来ない人は“自分目線”

投稿日:

自分の思い込みは相手に誤解を与え、離れていく原因を作る

今年2016年1月1日から数えてあと7日の4月10日で100日目
みなさんはブログからどれだけお客さまが“お問合せ”、“ご依頼”が
ありましたか?

以前、ある女性起業家のブログを見ていて「ちゃんと今、体験レッスンの申込み受付はしていないって言っているのになんで問い合わせしてくるのだろう!!」
って書いていました。

僕はそんなことは絶対にない、必ず原因は自分のブログにあるはず。
だからお客さまが体験レッスンを申し込んできているので。
ブログをチェックしてみるとメッセージボードにハッキリと

「体験レッスン 一回 ○○○○円」と色を使った太字で書かれていました。

上の方をよく見ると確かに目立たない色で「現在、体験レッスンは
受け付けていません」
と文字に棒線引いていましたが
人は自分の探しているモノしか目に入りません。

脳科学の専門用語で言うと“スコトーマ”と言います。

たとえば自分が妊娠したときに「街中が妊婦さんだらけに見える」と
いうのが良い例です。

「改善配達人さん、私はそんなことはありません。
いつも集中して物事を見ています。見落とすなんてあり得ません」

そんな方も、そうでもない方も
こちらの動画を集中して見てみてください。

■白いTシャツを着たチームが何回バスケットボールをパスしたか

数えてくださいね。正確に♪

(動画の時間はたった1分です。1分後、あなたの現実を知ることができます。)

どうでしたか?

正確なパスの数よりも・・・・

人は見ようとしているモノしか見えないのです。

赤い車が気になれば1日中何台も赤い車しか見えなくなるのと同じです。

お客さまは何を求めて、あなたの何を期待して

わざわざ他にもお店や教室がある中であなたに依頼しているのか?

もう一度、動画のように実は見えているようで何も見えていない
部分はないか、再確認するきっかけになれば幸いです。

どうしても見えない方はこちらから

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さってありがとうございます。



ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案


数多くの同業他者の中から、限られた人生の時間の中で

あなたにワザワザ会いに来てくださった相手に

あなたはどれだけの感動を配達できたのだろうか?

-|・集客できる 顧客サービス・応対

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.