|・集客できる 顧客サービス・応対

☆リピートの絶えないお店がやっていること

投稿日:

どんな話をしても“共感し”“褒める”ことが出来る人

幸運の白いコマが配達されている

次回来店時までにどれだけそのお客さまのために準備できるか?

初回に行ってすごく印象が良かった美容室。

どんな話をしても“共感し”“褒めます。”
ブログをやっていることや本を読むのが好きなことなどの話をしました。

その次に来店した時には直近のブログの記事の話題を振ってきます。
(細部までちゃんと読んでいるのがスゴイです。)
また僕が読みたいと言っていた本を貸してくれたり。

リピータの絶えない人たちの共通点は。

●お客さまの名前で呼ぶ(初回から)
●お客さまが言った話に共感する。
△(リピートにならない店は「否定する」)

●どんな小さな点でも“褒める”褒め上手
●情報量が豊富(接客業の基本)
△(リピートにならない店はどんな話を振ってもほとんど回答できない。
勉強不足」)

●前回来店時で会話の中でお客さまが“いま分からないこと”などを
次回来店時には調べて答えを用意していること。
△(リピートにならない店はスルーある意味「無視」 
お客さまに「私のこと興味が無いのかしら」と無言でメッセージを
伝えているようなもの)

●毎回毎回来店してくださったその日にお礼状を送付していること。
△(リピートにならない店は絶対に送ってこない。お礼状の概念がないみたいです。)

●誕生日には何かしらのプレゼントを下さる。
△(リピートにならない店は顧客リストをお客さまの時間をいただいて
誕生日まで記入させているのにもかかわらずメールすら送ってこない。

●例えば“○○の雑貨店いいですよ”と言うとそのお店まで行っていること。

新しいお客さまに対して全力で対応してきます。
(もちろん既存のお客さまにも)
迷うことなく“次回もここのお店に行こう♪”と思わせてくれます。

以前、僕が“ビレッジ・バンガード(雑貨店)がいいですよ”と話を
するとオーナーはたまたまそのお店のことについては知らなかったのですが
(他はそのオーナーは圧倒的な情報量です。接客業なので)
その時、「お香でバニラの香りが好きです」などの話を僕はしました。

次回予約して来店すると
なんといいお香の香りが。それもバニラの香り。

予約時間に合わせてお客さまが気に入っているお店まで行って
お気に入りの商品まで買って来店時間に合わせての演出。

感動を超えたサービスです。

1つひとつの対応に真心が感じられます。

本当にもう一度この人に来てもらうと思えば
マーケティングよりも大切なことがあるはずです。

データー通りに人は動きません。
人は人の心で動きます。

VIPということばがありますが
あなたのお店までわざわざ来てくださる方はすべてVIPです。

どうやったら相手に喜んでもらえるか考えるだけで
ワクワクして楽しくなるはずです。

難しく考え過ぎない。

顧客サービスは
「もし自分がお客さまだったら、どうしてもらえたら感動するか?」を
考えれ、そのことをお客さまにすればいいのです。

もちろんお客さまの好みを伺った上で。

誠意とはスピードです。
いつまでたっても相手が言ったことをしない人に
誠意を感じる人はいません。信頼も得られません。

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さってありがとうございます。

 

 

ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案
「私のことをこれほどまでに考えてくれた人がいる。」

そんな人にもう一度逢いたいと人は思う。

-|・集客できる 顧客サービス・応対

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.