|・人生

☆「わがまま」とは、他人の「あるがまま」を受け入れようとしないこと

投稿日:

あるがままを受け入れてでもつながれるそれは・・・

 

ご縁に感謝

 

以前、購入した書籍
「腸をダメにする習慣、鍛える習慣」
の付せんの箇所を再読していました。

 

“私は「あるがままに生きる」ことは、
他人の「あるがまま」を受け入れることであると気づきました。

「わがまま」とは、他人の「あるがまま」を受け入れようとしないことなのです。

 

ん~。 しばらく言葉がありませんでした。言うは易く行うは難しです。

もちろん不条理な他人の「あるがまま」もあるでしょうし、でも
太陽はそんなことに関係なく平等に光を届けています。

 

また実際に成功されているオーナー経営者の方々と接していると
やはり他人の「あるがまま」を受け入れる幅が広いと思います。

たとえばネットワークビジネス系の鍋やフライパンまたは化粧品などを
販売するのに自分のアトリエを解放してその人に貸して自由にビジネスをさせています。

 

また別のカフェのオーナーは分け隔てなく「お店のチラシを置かせて下さい♪」など駆け出しの女性起業家の方などを快く受け入れてチラシを置かせています。

 

サロンなどの場合は実際にそのお店まで行ってお客さんになっています。
ご自分が起業当時一番辛かったのは全然お客さんが来なかったこと。
だからこそ相手の方の気持ちが手に取るように分かり、そしてちゃんと
そのお店にお金を落としていることです。

相手のサロンにすれば売上げが立つ。例え少額でも。ゼロが続くことが
一番辛いことだからです。

 

他人の「あるがまま」を受け入れる。

みなさんはどれだけ他人の「あるがまま」を受け入れていますか?

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さってありがとうございます。

 

 

ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案

 

人は十人十色

それぞれの人の好みや考えも違う

その中で自分を受け入れてくれる人との出会いはまさに奇跡

それは「ご縁」

 

 

 

 

 

 

 

-|・人生

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.