|・人生

☆間違った成功法則 占いに依存する人

投稿日:

「自分の判断」を信じず「何かに依存」すれば失敗する

 

以前ご縁を頂いた有名な占い師の方が
地元のイベントに来られたので挨拶に伺い、
気づけば3年ぶりの時間の経過に驚いた
改善配達人のいわたです。

僕もさまざまな占いやスピリチュアルが好きで、遠方のイベント等にも出かけます。
僕もそうですが 多くの男性経営者の方は自分の中で決断できていて
その考えを後押しして欲しい場合に占いに行く傾向が強いです。

 

またさまざまなカード占いがあります。
自分の運気が高い時、波動が高い時は同じように
高い波長と繋がることが出来るので、その占い結果も正しい
結果が多いですが、例えば震災などの地場の波動が落ちている場所、
また自分自身がパニックになっている状態で
カードを引いても正しい判断=高い波長と繋がることは困難です。

 

それはプロのトップアスリートが日々練習を重ねていても
「今日はタイムがどうやっても伸びない」というように
バイオリズムがあります。

また病気で休んだその後に元のタイムに戻すためには、相当な
期間が必要です。

 

常に365日、正しい判断を求めるのは、
毎日雲一つない快晴の日を天に祈っているのと同じです。

 

今、自分がどれだけ高い運気かどうか、それが第一です。
また自分の考えで出た結果と相違する場合は
なぜ自分の考えと違うのか、大事なのは自分の考えであって
占いの結果ではありません。

 

なぜなら多くの人はプロの占い師ではないからです。
適当に引いた一枚、プロから見れば場の浄化もしないで、自分の浄化もしない
で、いきなりカードをめくって正しい判断が出るわけがないと思うでしょう。

 

・何かに依存するということは自分の想像力を発揮するチャンスをなくすこと

毎朝テレビから流れる占い(ちなみに僕や周りの知人はテレビは一切見ません)

「今日のおうし座のラッキーカラーは赤です」

「今日のアンラッキーの星座は○○座 (>0<) 」

それで一喜一憂しています。全国の同じ星座の人がすべて
同じ運気という大衆洗脳に何の疑問を感じないでただ妄信的に信じるのはどうかと思います。

 

「テレビの占いで言っていたから」
それはお昼の番組で有名なMCが「ココアがおすすめです」と言えば
翌日スーパーからココアが品切れになるのと同じことです。

そこにはどこにも自分の判断がない。
自分で考えて真意を確かめようともせず
言われたままに動くのはある意味“ラク”なことです。

 

テレビは人の想像力を奪うと言われています。
有名な話では、映画監督のスティーブン・スピルバーグが
「自分の子供には一切テレビを見せない」という談話があります。

 

占いに依存する=他人の意見に依存する

いつまで経っても自分の考えで自分の人生を切り拓く想像力は
養われないまま、あなたしか出来ない独特の考えを発信しないまま
終えることになります。

 

■編集後記

昨日は、フロアーマットを買いに行ったのですが、一昨日カットした端切れの
立てかけてあった商品があり値札が付いていなかったので、
今日、再度そのことを店員さん聞くと「今朝、特売品のコーナーに出しました♪」と返答が。すぐにそこまで行くとまるで僕に買ってもらうまで待っていたかのようにありました。結局定価の50%オフで購入できました。
ついています。ラッキーです。

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。

ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案

 

脳は自分で考えて正しい答えを導くためにある

 

何かに依存するということは

 

自分で考える努力を放棄しているのと同じこと

 

あなたの想像力を発揮するチャンスは常に今この瞬間にある

 

 

 

 

 

 

 

-|・人生

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.