|・集客できる 顧客サービス・応対

☆ブログ集客の前にリアルでの顧客対応は大丈夫ですか?

投稿日:

最終的には人対人 ここが出来ていなければお客さまは離れていく

おもてなしの心

こんにちは♪ 初めて逢った人に食事などをごちそうになった回数は
100回を超えている改善配達人のいわたです。

自分が当たり前に出来ていることでも
他の人には大変なことがあります。
それが強みと呼ばれるものですが
その1つはコミュニケーション。

全く初めての人に気さくに声を掛け、
飽きさせないで話題を提供できるスキル。

多くの人は他の人に声をかけるのは大変なのですね。
それも自然な形で。

僕は国籍老若男女問わず誰にでも声を掛けて
すぐに仲良くなれるので、それが普通のことだと思っていました。

以前はコミュニケーションの講座なども開催していましたが
こればかりは場数を踏まないと上手くならないので
数時間の講座でどうにかなるものではありません。
ですので今は開催していません。

ブログを改善、カスタマイズしてデザインを改善、商品メニュー・サービスを改善、記事をお客さまに見やすいように改善など
どれもがブログからお客さまを呼ぶには必要なことばかりです。

ですが実際にあなたの教室・お店・サービスを体験された方に
どれだけあなたがブログからの好印象の延長線上で、
リアルでの顧客対応が、それを上回るものを提供できなければガッカリするだけです。

僕と他のカスタマイズ業者やコンサルタントとの違いは
この顧客対応の部分をすごく細かく改善提案します。

また女性起業家にありがちなビジネスでのレッドカードも
お伝えしています。個人差はありますが通常10項目以上はあります。
ビジネス社会は未だ男性社会です。そのビジネス上で
ご法度とされていること、1度でもやれば即退場になる項目を
ご依頼の方にはお伝えしています。

ここが出来ていなければ必ず新規のお客さまは離れていきますし
地元での目標達成は信頼を失い程遠くなります。

また値段で惹き付ければ値段が安いところにすぐに浮気されます。

最新の設備で惹き付ければ、それよりも最新の設備を導入したところに
そういう人は流れます。

あなたで惹き付ければ同業他社が値段を安くしようが、最新の設備を入れようが選んだ理由が“あなた”なので他に移る理由がありません。

昔は毎日初めて逢った人に5人声を掛ける。強化月間の時は
15人などとノルマを決めて達成していました。
今は無意識で3人から5人は外出時には行っています。

どんな人でも買い物をするでしょうから、その時に店員さんの
持ち物を一瞬で気づいて褒める。リアルタイムでの真剣勝負だから
実力がついていきます。

ネールをしていればネールを褒める。
髪の色が綺麗ならどこの美容室でしたのか聞いてみる。
時計、ネックレス、ピアス、いくらでも見つけることが出来ます。

実際にあなたのお店や教室にお客さまが来た時にも
その瞬間に無意識で褒めることの出来る自分になっています。

意識してやっているようではプロではありません。
車の運転と同じで意識してやっている人は
相手から見ればただぎこちないだけです。
プロっぽく見えません。

出会った相手に関心を持つ。これは普段から出来ていないと
ブログでもメールを送っても返事をしなくても大丈夫だという
自分に関心のある人に無関心でいられるという奇異な人間に
自ら向かうことになります。

マザー・テレサも言っているように

愛の反対は無関心。

無関心=他人対する愛がないことの証明です。

そんな愛の無い人のところにお金を払って行こうと思う人はいません。

毎月20人以上にプロフィール写真の改善提案や
記事のズレ、写真がおかしくなっているなど無料で改善配達していますが
昨日はプロフィール写真の改善提案をしてすぐに行動し改善。
その後すぐに「読者の方からコメントがありました。
すごく嬉しいです。ありがとうございます。」と
お礼のメールが。何と律儀な。その上、記事で紹介までしています。

多くの人は何事もなかったように、まるで自分で気づいたかのように
プロフィール写真やブログの不具合も修正しています。
これが実際のお店だったらどうでしょう。

お客さまから「ここはこうしたら」と時間を割いてアドバイスを頂いて
その後、何の連絡もお礼もないお店だったら。

その人の普段の対応がリアルでの対応です。
急にお客さまが来店されたからといって五つ星の対応に
変わるものでもありません。

その人の相手に対する小さな対応の積み重ねが
高い質の顧客対応を生むからです。

■編集後記
今日イオン(スーパー)に行くと
地元の女子高生2人組が制服で一人は緑のエプロンをし
もう一人は制服のまま四角い小さな白いトレイの上に
紙コップに入ったドリンクを持っていました。

全部で4,5組のグループが大きなスーパー内を
クルクルと回っていてどのグループも見知らぬ人に
声を掛けあぐねていました。

一組のグループが誰にも声を掛けられずに
通路の端まで来てまたUターンしてきたので
こちらから声を掛けようと思い超ウエルカム満載の
笑顔で近づいていくと、
さすがに女性、すぐに感づいてくれて向こうから

お母さん「お茶飲みませんか?」と話しかけてきました。

僕:“自分たちで作ったのですか?”と聞くと

お母さん「いえ、おもてなしの心でやっています。」と

紙コップのお茶を飲み干し

僕:“もてなされました♪” 全員(笑)

素敵な企画ですね。これを考案された高校も
それを受け入れた地元のスーパーも素晴らしいです。

お客さまから素晴らしい顧客対応だったと言われる
改善配達人のメニューは興味のある方のみこちらからどうぞ♪

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。

ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案

 さまざまタイプの人に感動を与えることのできる人は

日々、出会った人々に小さな感動を配達している人


-|・集客できる 顧客サービス・応対

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.