|・集客できる 顧客サービス・応対

☆集客してもその後の顧客対応は完璧ですか?

投稿日:

“人”を惹きつけるのは“人”でしかない

レジでの会話


こんにちは♪

あなたのブログと顧客対応の改善点を配達、改善配達人のいわたです。

一度も働きに出たことのない人、
社会人経験が少なくすぐに家庭に入った人。

顧客対応を学ぶ機会がないまま起業すると
自分では知らないうちにビジネス社会上では
ご法度とされているレッドカードを連発します。

それを指摘して改善してくれる人がそばにいればいいですが
わざわざマナーの良くない大人を自分の身をていしてまで
注意して改善提案までしてくれる他人などいません。
(ご依頼の方には5つ星レベルの顧客対応の細かな部分まで伝えています。)

一般に多くの人は自分にしか関心がないですから。

■編集後記のような流れですが(笑)

今日は鹿児島にしか店舗がない24時間営業の大型スーパーAZ(エーゼット)へ。店内で自動車も販売しています。スーパーの買い物ついでに購入してその日のうちに乗って帰れます。

今日から夏休みらしく店内のレジは長蛇の列。
1つのレジに15人以上並んでいて初めて見る光景でした。

西口、東口両側にレジが合って西側が混み合って50メートル反対側の東側
を見るとその半分の人数。

並んでいる時間を計算すると歩いて反対側まで行って精算し、また戻ったほうが遥かに早いので(とっさの判断、起業家には必要です)
すぐに東側のレジに並びました。運良く前に3人のみ。

僕の目の前に並んでいた方が70代の年配の男性Aさんでした。
他のレジの行列をお互いに眺め目が合ったので

僕:“すごい列ですよね」”と話しかけ
Aさん:「今日から学校が休みだから」とお返事が。

そこからずっと話し込み
僕:「これは特売か何かですか?みんなカートに山のように積んでますけど」
とそのAさんも3つカゴに入れているキッチンペーパー4ロールを視線で指し示すと

Aさん:「特売、109円!いつもは189円だから(笑)」と
僕:“安い♪だからみんな買っているんですね♪”と会話を続け

Aさんのレジの番が来ると何と僕に向かって
「どうぞお先に」と(*'0'*)ツ

僕はちょうどお昼前だったので弁当とお茶と新しいベルトの合計3点のみです。
Aさんのカートを見てもキッチンペーパーと洗剤合計5点でした。

僕は“気を使わないでください、年配の方より先になんて・・・”と言うと
Aさんは「いいから、いいから♪」と笑顔で順番を譲ってくださいました。

もちろん会計のあとも旅館で女将さんがお客さまをお見送りをするように
深々と頭を下げ“ありがとうございます。”とAさんにお礼を言いました。

僕は初めて逢った人に食事などをごちそうになった回数は100回を優に超えています。

どんなにSEOで検索で上位になっても、良いチラシが出来ても
リアルで短時間で相手から好意をいただけるような人でないと
結局は選ばれないのです。

それには毎日の顧客対応の練習。
自分からさまざまな人に話しかければ苦手な人はいなくなります。

多くの人は他人に無関心=愛がないのです。

「包丁でキャベツの千切りを上手になりたい。
でも私はただしい包丁の握り方を覚えてからやりたい」と
言っている人。

それは「ちゃんとした記事が書けるようになったらブログを更新したい」と
言っている人と同じです。

持ち方云々、言い訳を言って努力から逃げている人より
毎日下手くそでも、時には小さなケガもするでしょう、
ですが包丁でキャベツの千切りを実践している人が
結果、包丁の持ち方も覚え、千切りも誰よりも上手に出来るようになるのです。

“努力はうそをつかない”

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。


ご縁に感謝


改善配達人

今日の改善提案

上辺だけの装飾はすぐに見抜かれる

大切なのは内側

大切なモノは目に見えない

その見えないモノに人は魅力を感じる

あなたの知らない内面の輝きを引き出します。
>>まずは今の改善のお悩みを相談してみませんか?
先着3名さま限り♪


-|・集客できる 顧客サービス・応対

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.