改善配達人のオススメ書籍・DVD・映画

☆超一流の人の感性とは

投稿日:

「聞く力 心をひらく35のヒント」

 

一流の人は相手を慮る(おもんばかる)ことのできる人

 

先日読んだ阿川佐和子さんの著書

「聞く力 心をひらく35のヒント」の中で
非常に印象に残った部分があったのでみなさんと共有したいと思います。

 

僕も個人的に好きな映画「ショーシャンクの空に」、「“YES”は人生のパスワード 」にも絶妙な役で出演されているモーガン・フリーマンさん。

阿川佐和子がずっと雑誌の企画でインタビューをし続けている
「この人に会いたい」のゲストがモーガン・フリーマンさんの回

阿川さんは、通訳の人に同席してもらい

日本語で質問すると、それを通訳の方が英語に、

ゲストのフリーマンさんが英語で答え、
通訳の方がその答えを阿川さんのために日本語に訳す
そんなやりとりをしている中、気付いたこと。

下記は著書より
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

私が日本語で質問し始めると、それまでソファの背もたれに
寄りかかったり、足を組んでリラックした様子で話を
していたフリーマンさんが、

突如、組んでいた足をほどき、

前屈みになって、私の目をじっと見つめ、一生懸命、
私の言葉に耳を傾けようとなさるのです。

 

私はつい、吹き出してしまいました。

 

「日本語がおわかりにならないでしょうに、
どうしてそんな真面目な顔で私の質問を聞こうとなさるのですか?」

 

笑いながら尋ねると、フリーマンさんがこう答えたくださったのです。

「もちろん私は日本語がわからない。でも、あなたが真面目に質問をしてくれているときに、私も真面目な態度を取らなければ、失礼な気がしてね。」

 

もうね、それ以来、私はモーガン・フリーマンという役者さんが大好きになりました。

 

なんて素敵な人なんでしょう。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

日頃の相手に対する態度が一流だからこそ
仕事も一流になれる。

 

そんなことを改めて認識させてくれる記事でした。

 

以前、起業家養成塾に毎日通っていた時、
カリキュラムの一環で介護施設を訪問・体験するという
授業がありました。

 

そこで、その施設を創業された50代の女性起業家Aさんの話を
塾生25人に聞くとき、Aさんが正座されて話をされているのに
僕らの中で正座しているのは僕を含めたった3人でした。

 

「足を崩して楽にしてください」と言われたはじめて
崩せる環境にずっといたので、僕にはアタリマエのことでも
そうでない人たちには、何も気づかないのかもしれません。

 

目上の人がましてや自分の時間を割いてまで
正座をしてまで「起業するとはこういうことだ」と
思いを伝えてくださっている方への敬意だと僕は思います。

 

数あるブログの中から最後まで
記事をお読み下さってありがとうございます。

ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案

日頃の相手に対する態度が二流の人は

 

仕事も二流。

 

日頃の相手に対する態度が一流の人は

 

仕事も一流。

 

-改善配達人のオススメ書籍・DVD・映画

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.