|・人生

☆本当の愛のある人は“あなたに○○が出来る人”

投稿日:

あなたに興味を持つ人は人生で一握りの数しかいない

 

以前、読んだ話で感銘を受けたのは

女性の踊りの師匠が舞台に出るときに
お弟子さんの女性が師匠の着物の上に羽織った前掛けの結び目が
ほどけていたので、そのお弟子さんは

「お師匠さま、帯の結び目がほどけています♪」と知らせてくれました。

 

師匠はそのときに「教えてくれてありがとう♪」とお礼を言い

また舞台に出る袖で結び直したそうです。

 

今回の演目ではそうすることが演出だったので。

 

もしお弟子さんが注意してくれたときに

「これは今回の演出なのよ♪」と言ってしまったら

次回からもし本当に自分でも気づかない他の部分にミスがあったときに

「きっと今回も師匠の演出に違いない!」と思って

おかしな部分があっても知らせてもらえなくなるからです。

 

今まで20年以上に渡る改善配達で
一番厳しい意見を言われるご依頼のお客様。

最初は“神様は大変な人をあてがわれたなぁ”と
感じました。

 

ですがアメブロでの誤字脱字も自分の仕事もある
ご多忙の中、「ここは□□だと思います。」と
小まめに教えてくれます。

 

昨日も白い壁の写真をアップしたのですが

携帯にCメールが入っていて
何か緊急の用だと思いすぐェックしたのですが
なんと、

「今日、アメブロ記事に掲載の写真がパソコンでもスマホでも見ることが出来ませんでしたの」と知らせてくれていました。

 

実際には白い壁に庭の木が上部に写っている写真なのですが
見た人には木の上部だけが表示されて、下は非表示の印象を
与えてしまっていたということです。

 

すぐに別の写真に入れ替えました。
もし「実は・・・」と最初にアップした写真の説明をすれば
次回からも「きっと今回もそういう写真なんだ!」と思われ

本当に間違っていたときがあったときに

知らせてもらえなくなるからです。

上記のお師匠さまの同じ考えです。

 

 

僕は人に関心があります。
多いときで毎月100名以上にメールを送っています。

 

「プロフィール写真、あまりに怖いから変えたほうがいいですよ。」
「メニューボタンずれています。」などなど。

 

その中で小まめに感想をくれる人は一握りです。

こちらから5通、10通とメールして

その後、こちらから何も送らなくても
相手から自発的に発信する人は一握りです。

それが“ご縁のある人”です。

 

それ以外の人にいくら時間を割いても
向こうからコメントやメールが来ることは一切ありません。

人に取って必要なのは上辺だけの薄い関係の人間を増やすことではなく

あなたに興味のある人といかに深いお付き合いをしていくかです。

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。
 
ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案

10年経って振り返ったときに

 

「あんなに自分に興味を持ってくれた人はいなかった」と

 

思っても、もうその人はあなたの前には現れない。

 

 

 

 

メールの使い分けも改善配達させていただいています。
>>改善配達人のメルマガはこちらから<<

12月15日で第一期募集は締め切ります。

 

 

 

-|・人生

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.