|・人生

☆「頼まれごとは、試されごと」 チャンスを掴む人、逃す人

投稿日:

なぜ人は簡単な仕事をあなたに頼むか?

 

 

「頼まれごとは、試されごと」

 

 

県民性なのか簡単な仕事を頼んでも
「拒む人」、受けても「1ヶ月経ってから返事をする人」、
ただ渡した資料の上下を入れ替えて「出来ました」という
プロの法律関係の仕事の人。

●“損”か“得”かで判断
あのイチローですら、最初から約13億ももらえてるわけではなく、
430万円からスタートしています。

仕事の出来ていない人に限って最初から大きな案件を取ろうとし
この人と付き合ったら“損”か“得”かで判断しているのが
実に面白いです。

 

 

アメブロでも「CSSでわからないことは聞いてください」と書いていて

いざそのことで問い合わせてみると

慌てて無料から有料メニューを作成する人。

 

ある値段で書いてあったことで申込みで問い合わせてみると

「あなたが見たのは古いメニューです。現在の価格はこの値段です。」

と高額の値段を言ってくる人など。

 

上記の人達はこの時点で社会的信用を失います。

本人は気付いていませんが。

 

だからいつまで経っても同じレベルなのですが。

実際にお付き合いさせていただいた成功者の人が一番避けるタイプが
人によって態度を変えるこの人たちです。

ですので、どうやってもこの人たちが成功者の目に留まることも
引き上げてもらえることもありません。

●なぜ成功者は器が大きいのか?
「大山、土を選ばず」

 

大山(たいざん)土(つち)をえらばず。

富士山のような大きな山は、どんな土でも
選り好みせずに受け入れたから
あのような大きな山になれたという話を聞いたことがありますが、

人も同じです。

●チャンスがない、チャンスがないと言っている人
チャンスは平等に与えられています。

ただ人によって態度を変える人はどうなるのでしょうか?

 

実例をあげますと

作業着を着て、朝、階段をぞうきんで掃除している年配の方に
ぞんざいな口の利き方をして、物を尋ねている他の会社の
若い営業マン。

要件を済ませて何ごともなかったようにその営業マンは帰りました。

その後、その年配の方が勤務時間になると
真っ先に電話して、その会社との取引を中止にした場面を見てきました。

実はその寒い朝、ぞうきんで階段を掃除している方は
その会社の社長さんだったのです。

チャンスがない、チャンスがないと言っている人は
実は、自分でチャンスをつぶしていることに気づいていないかもしれません。
簡単な仕事も出来ない人に、どうして次の重要な仕事を頼めるのでしょう。

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。

ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案

頼まれごとはチャンスの始まり。

チャンスをつかむも手放すもあなた次第。

 

 

 

 

◆編集後記

今日も朝5時半起きで某ファーストフードで仕事。紅茶だけを頼むと

店員さんが「今日は氷なしのお水は良かったですか?」と覚えてくださっていました(^^)

 

もう全員がオーダーを覚えてくださっているような感じさえします。

ちなみに昨日は貸切状態でした(笑)

お正月の三が日に早朝からパソコンを持ち込んで仕事をしている人は

誰もいませんからね。

 

部屋にいるとダラダラと寝てしまうので強制的に行動して

仕事をする仕組み化をしています。

 

 

 

-|・人生

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.