|・集客できる 顧客サービス・応対

☆集客できる人は相手の立場に立って物事を考えられる人

投稿日:

当たり前のように初めて会う人に気遣いが配達できる人

 

 

昨日、ガラケー携帯を探しにリサイクルショップへ朝一番に行きました。

 

ペンは胸ポケットに入れてあるのですが
メモ帳を車に忘れたらしく、お店のカウンターで作業をしていた
女性店員さんに「スイマセン^^メモ用紙一枚あればいただけますか?」と

お願いしました。

 

するとその女性店員さんはすぐに「はい♪」と言ってカウンター後ろの奥まで行って

メモ用紙を一枚取られて戻って来られました。

 

手渡しされたので、お礼を言って立ち去ろうとすると、

「ちょっと待って下さい♪」と言われレジカウンターにあった
レストランなどで注文を取る時のプラスティック製の伝票フォルダーを
使用していた伝票を取り外されて僕に渡されました。

 

感動です!

 

“メモ用紙だけだと書きづらい、下の台があったほうがいい”
とっさに思いつく。

 

常にどうやったらお客さまが喜んでくれるのか
相手の立場に立ってお仕事をされているから
このような三ツ星レストランのような対応ができるのです。

 

 

いくらブログを改善しても、いくらホームページのデザインを今風に変えても
いくら検索エンジンで上位表示されても

結局、最終的な部分は人対人です。

 

お客さまからお問合せやお申込のメールが来た時の
対応がボロボロなら、結果も散々たるものになります。

 

そこを僕はやかましいくらいご依頼の方には伝えています。

 

そこの部分が出来ていなければいくら表面的に、技術的に、
ブログ、HPを改善しても結局は他の顧客対応の素晴らしいところに
お客さまは流れます。

 

なぜならお客さまは選べるからです。

“1番いいものを”、“1番いいサービスを”、“1番いい人を”。

 

人から選ばれるには自分自身が常に相手の立場に立って
顧客対応に磨きを掛ける。

 

その日々の小さな積み重ねでしかありません。

 

今日、皆さんは初めてあった人や知人、友人を含め
何人褒めましたか?

 

自分から声を掛ける。ねぎらいの言葉を掛ける。感謝の言葉を述べる。

日々それが出来ていない人は、自分のところに来たお客さまにも
同様の対応をします。

 

日々の他の人に対する対応がその人の顧客対応のレベルですから。

 

■編集後記

今日は全国はもちろん、海外にも教室を持っている

教室経営の神様と僕が思っているメンターであるKさんと
会食でした。

 

お休みの日にも関わらずお店にまで来てくださって
快く色々な相談に名回答をいただきました。

 

ちなみに今日は日曜日で事前に席を予約していましたが
他のお客さまはウェイティング状態でした。

「一番いい席を」とその理由の詳細を告げたので
本当にお店で1番いい席を取っていただけました。

 

ただ日付と時間を言って「1番いい席を」と言ってもまず取ってもらえません。
なぜなら相手にその重要性がまったく伝わっていないからです。

 

僕自身、予約を取る側で長年働いていたので、その人間を動かすだけの
“伝える力”がどんなビジネスでも必須です。

 

イベント会場を抑えるのにも、商品を仕入れるにも、
チラシを印刷会社に依頼するにも、ブログカスタマイズを依頼するにも

すべて“伝える力”が必須です。

 

逆に言えばその力され獲得できれば鬼に金棒です。

 

ほとんどの人が自分目線で自分のことしか述べていないのが現状ですから。

 

今日は教室経営についてほぼ半日掛けて出かけたので
行きも帰りも「あなたは正しいことをしています♪」と
天から虹のメッセージがありました。

 

一日に2回も虹が見られるなんてなんて幸運なんでしょうか♪

 

 

 

自分のブログに

幸運の虹の架け橋をかけたい方はこちらから♪

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。

ご縁に感謝

 

改善配達人

 

今日の改善提案

相手に無関心なのは愛がない証拠

愛に溢れていれば相手に関心を持つ

 

 

 

 

 

 

 

-|・集客できる 顧客サービス・応対

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.