|・集客できる 顧客サービス・応対

☆ピアノを教えないピアノ教室

投稿日:

思わずクリックしたくなるタイトルを付けていますか?

 

 

タイトルの重要性

今日のブログのタイトルに引かれてまんまとClickしてしまった方、
おめでとうございます(笑)

どんなにいい記事を書いても、ブログのタイトル、記事のタイトルが
魅力的で無ければ存在しないのと同じことです。

「花子の日記」
「happy day life」などのブログタイトル

ただ地名+業種名を入れているだけのタイトル。

魅力的に映りません。

たとえばピアノ教室が10教室同じ地域内にあって
「どこよりも一生懸命に教えます。」とどのピアノ教室のプロフィールに
書いてあったとします。

でもお客さまは選べません。
違いがわからないから。

「どこよりも一生懸命に教えます。」熱意はわかりますが、それはブログから
どう伝えるのでしょうか?

例えば「わたしはピアノ講師歴26年です。10年以上通う生徒さんもたくさんいます。

どこよりも一生懸命に教えます」だと
判断基準が明確になり納得します。

長い年数を教えているキャリアがあり教え方が上手、
そしてそれを支持して長年通う生徒さんが実際にいる。

そして意外性も大事です。

冒頭のタイトルもそうですが

「髪を切らない美容室」
「料理をつくらないレストラン」

「エステをしないエステサロン」
など「えっ!なんで」と興味を惹くインパクトのあるタイトルも重要です。

たとえば
「ピアノを教えないピアノ教室」の教室案内のプロフィールを読むと

「私はピアノ教室で大切だと思っていることは
もちろん演奏のための技術も必要ですが
それよりも音楽を通して人の心にまで愛を届けることのできる人を
育てることが・・・・」

などA4用紙、数枚に渡り理念(コンセプト)が書かれていて
それで「ピアノを教えないピアノ教室」だと書いてあれば

読んだ人は心からその理由に納得し
たとえその地域にほかの同業他社がいたとしても
充分に選ばれる理由になるでしょう。

他との違いを明確に打ち出しているからです。

金太郎飴のようのどれをとっても同じ顔。
そこに個性を感じませんし、魅力も感じません。

あなただから、あなたにしかできないこと、考えが
必ずあります。

それをどうブログから相手に伝わる形で書くかそれが全てです。
相手に伝わっていなければ、ブログを書いていないのと同じことです。

試行錯誤している間に時間だけがドンドン過ぎていきますよ。
人生のほんのひと時、プロのサポートを付けて一気に“飛躍”された方は
こちらから。

一人ひとり丁寧にサポートできるのも今年最後だと思います。
私以外も含めて。

 

 

 

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。

 

 

ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案

あなたの良さは

 

あなたが伝えなければ誰が伝えるのか?

 

 

 

 

 

-|・集客できる 顧客サービス・応対

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.