|・集客できる 顧客サービス・応対

☆お問合せがキャンセル!意外に知らないメールのマナー

投稿日:

あなたは出来ていますか?メールの3つのマナー

 

 

改善配達人の岩田です♪

ブログからご依頼をいただいていますが
その反面、ブログ、ネットを通してご依頼することも多いです。

 

仕事を申し込んでキャンセルするパターンがあるのでご紹介します。

もしあなたがブログ、ホームページからお問合せやお申込みがあっても
メールの返信でキャンセルされたらこれほどモッタイナイことはありません。

 

大事だと思う3つのメールでのマナー

1自分の名前をフルネームで名乗る

ハンドルネーム(ブログ上で使う仮の名前)で仕事を募集していたとしても
ご依頼を受けたお客さまには本名で名乗るのが礼儀です。

 

まして相手がフルネームで「田中太郎と申します。」と書いていて
自分の名前すら書いていないのは非常に失礼に当たります。

 

 

2返信文の分量 (愛の量)

相手が例えばA4用紙一枚 例えば100行ぐらいビッシリと
お申込みの理由を書いていても
返信文が10分の1以下の数行だと
やる気を感じません。

 

実際にお金を払って仕事を依頼してもこの程度のやる気で
仕上げてくると思われても仕方のないことです。

 

このレベルの方に何度も依頼したことがありますが
仕事のレベルはやはりその文章量=仕事の情熱に比例して
満足行くものではありませでした。

以前、アメブロでヨガのインストラクターの方にヨガマットのことを
メールで尋ねたことがあったのですが

A4用紙3枚以上に渡る長文で、それもそれぞれのメーカーのリンクまで貼ってあり、

とてもわかりやすく項目別に分類されそのままパンフレットでも使えるような文面でした。

 

無料です。ただブログ友で親しくさせていただいているので尋ねたことに
これだけ相手のために時間を割いて返事をくださる。

結果、その人のヨガ教室はいつも満員御礼です。

3相手のことを調べる

相手が自分のホームページ、ブログ、メニューなどを見て
多大な時間を割いてお問合せ・お申込みくださっています。

 

お客さまが「私はアメブロで◯◯というタイトルでブログをしています
田中花子と申します。」と書いていたとします。

 

返信文でそのブログを見たコメントも一切ない場合は
僕はその人の依頼をキャンセルします。

 

相手が自分のことに関心を持って下さっているのにも関わらず

その相手はお客さまに無関心。

そんな人は選ばれません。

 

マザー・テレサも言っています。

愛の反対は無関心

愛のない人は選ばれません。

最低限、相手のブログなどを拝見して共感した部分を
コメントするのが人としてのマナーです。

 

実際、上記の3つのどれかに当てはまるケースで

ご依頼をしたことがありますが
結果は期待に添えるものではありませんでした。

 

たかがメールの返信文と思うかもしれませんが

その1通にその人のビジネスのレベル、仕事のレベル、人としての
レベルがすべて現れます。

 

以上です。

ご参考になれば幸いです。

 

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。

 

 

ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案

 

普段の人に対する対応が

メール一通にすべて現れる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-|・集客できる 顧客サービス・応対

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.