|・集客できる 顧客サービス・応対

☆“もう一度逢いたい人”になるには?

投稿日:

人は完全に二通りのタイプに分かれた

 

今日は新規にオープンした旅行会社に朝一番で行きました。
今月の24日が誕生日なので海外旅行でもと思い。

前日まで大量に広告を駅前で配布していたので
ウエイティングの行列かと思いきや15分ほど前に着いたら
誰も居ず一番乗りでした(田舎です(笑))

10時にオープン、待たされたあげく一番目のお客様に
ウエルカムの雰囲気もなく誰ひとり
「お待たせしました」の声もない。

頭の良くなさそうな若いお兄ちゃんが近づいてきて
「ご用件は」と聞いてきて(「あなたのお店のサービスは」と聞きたいところでしたが)
「旅行の申し込みです」と答えると

「受付は10時からです!」と返答

10時にオープンして扉を開けているのに(笑)

「10時ですけど」と答えると

「こちらへどうぞ」と
これまた同様の仕事の出来なさそうなお姉ちゃんが出てきて

「10分ほど待ちました」と言うと

「そうなんですか。」と返答

「今日は新規のご旅行か何かですか?」と

聞いてきた時点でその店を立ち去りました。

キャンペーンの旅行のパンフをさんざんオープン前に
配布し、そのオープン当日に営業開始前に待っているお客様

最初の第一声はまったく違う言葉のアプローチになるはずですが
お金も用意しそこで申し込む気の100パーセントの第一号の
お客様をギネスブック級の低レベルの顧客対応で
帰らせている。

同じ系列店でも東京渋谷のH●Sは国内旅行でも
海外旅行でも、僕がカウンター近くに寄ると
すぐに仕事の手を止めて「いらっしゃいませ」と
立ち上がり声かけをする五つ星の顧客対応に
大感動した旅行会社だけに地域性かと思いたいほど
残念な対応でした。

ですが同じ地域でも先月から移籍した新規のトレーニングジムの
インストラクターは誰も彼もが例外なくハイレベルな顧客対応で
いったい何が違うのかと考えざる終えません。

あなたも何かのサービスをお客様に提供していると思います。

ですがお金を払ったから親切にする。

お客様でない人には親切にしなくていい。
持っていれば関係ない人には目配りも気配りも必要ない。

そんなスタンスで生きていえば
間違いなく冒頭の旅行会社のような相手の気持ちもわからない
人間になります。

新規のトレーニングジムのインストラクターは中には大学生も
数人居ます。
そのまま五つ星のホテルに移籍しても
何の問題もないハイレベルな顧客対応をされます。

日々相手がどうすれば喜んでもらえるのだろうか?

どうすれば相手にとって良い結果になるのだろうか?

自分目線でなく相手目線で相手の気持ちをくみ取れる人が
生き残る時代にますますなってきています。

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。
 
ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案
 

 

生きた年数は関係ない

どれだけ質の高い年数を生きたか

 

-|・集客できる 顧客サービス・応対

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.