|・集客できる 顧客サービス・応対

☆ブログ記事の更新頻度は“毎日”なのか?

投稿日:

「更新しなくちゃ」という義務感で書かれた文章にはパワーはない。

 

 

自分らしく、あなたらしく

 

今アメブロでは共感した記事には“いいね”ですが、その前の“ペタ”の時代。

全部の記事数がたった17記事で読者数2,000人以上というすごい女性起業家の方がいました。

初めてその方から僕のブログ記事に“ペタ”があり、
「どんな人なんだろう?」と思ってその女性のブログを初訪問しました。

記事を読むと・・・もう虜になり(^^)
気づけばすぐに読者登録。

ペタをするだけで相手の方が読者登録をする。
それだけ記事に説得力がありました。

 

人生についての記事を書かれたいたのですが
たったの17記事。

訪問した人はほぼ自動的に自主的に読者登録をする
それだけのパワーのある記事。

更新頻度はもちろん毎日ではありません。
6ヶ月位で17記事だったと思います。

きっちりとその人が提供するメニューもブログ記事内に
記載してあり、かなりの方がお申込みになられたようです。

「更新しなくちゃ」という義務感で書かれた文章にはパワーはありません。
読む方が疲れます。

もちろん毎日更新することも大切です。
価値のない記事を無理してアップする必要はない。
その考え方も大切です。
どちらも正解です。

両方の考えの女性起業家を知っていますが、

女性起業家Aさんには「毎日記事更新していないの?」と言われ
女性起業家Bさんには「毎日記事更新してませんか?」と言われます。

それぞれが「ブログは毎日記事を更新すべき」と思っている人と
その一方で「自分が納得するする記事のときだけ更新する」と思っている人。

どちらも正しく、どちらもWebから集客できています。
大切なのは自分のポリシーはどちらなのかを決めることです。

日本人特有の「みんながそうしているから私も」だと
結局、無個性の人間になり、他との違いを明確にできない道を自ら選ぶことになります。

「みんながフェイスブックやっているから私も」だと
周りに振り回されて人生が終わります。

周りがどうあれ自分のスタイルに合わないことはやめる。
自分がこうだと思ったことは信念を持って最後までやり遂げる。
 

目標を達成する方法は、達成するまであきらめずに続けることです。

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。
 
ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案
 

周りがどうあれ自分の信じた道を突き進む人にパワーを感じ

結果、他との違いが明確になり選ばれる。

 

 

 

 

-|・集客できる 顧客サービス・応対

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.