シェア情報

☆「知らなかった。」では済まされない情報格差

投稿日:

情報リテラシーを高めるには?

 

 

 

 

活字になった情報、例えば新聞。

情報リテラシーの高い人たちは新聞に掲載されるはるか以前に
重要な情報を取得しています。

万人が平等に受け取れる情報に高い価値はありません。

なので高いセミナーや、講座に申し込みその金額を支払った人しか
得ることができない有料情報があるのも頷けます。

ですが無料でこれほど質の高い有益な情報を配達しているところは
まれです。

お忙しいみなさまにスマホに入れて移動時間や寝る前、入浴中など
スキマ時間に聞くことができる音声で情報を配信しているサイトを
ご紹介いたします。

<span style="font-weight:bold;">高城未来ラジオ</span>

“マスメディアではなかなかお話しできない俯瞰的な視点と私見を、皆様にお伝えいたします。”
Webの紹介文より

第28回 29回 農業の真実 -野口勲さん/野口種苗研究所所長(前編・後編)はお薦めです。

関連書籍では
「タネが危ない!」
わたしたちは「子孫を残せない野菜」を食べている | (著)野口 勲 

なども参考になります。

また以前、日本生活協同組合 コープ・生協

初代会長 賀川豊彦さんの御令孫、故・賀川督明さんの講演会に伺ったときも
スライドで日本の種の実情を紹介されていて
今日本のスーパーで売っている“種”の裏側の原産国を見て驚愕しました。

日本の種だと思っていた、大根や人参が・・・
もしお近くのスーパーやホームセンター、園芸コーナーで興味のある方は
確かめてみてください。


これらの情報は氷山の一角です。
日本のメディアが国民に正しい情報を出しているランキングは世界で73位。
最下位は北朝鮮で180位です。
トップテンはヨーロッパの国々が多くを占めています。

最近は電車の乗ることが多く周りを見渡してみると
中毒のようにLINEやSNSでやり取りをしている人。

また画面を熱心に見つめて何をしているのかと見てみると
ゲームをしている人たち。

本を読んでいる人は僅かになりましたね。

■編集後記

昨日は誕生日でした。
さまざまな方法でお祝いをいただいてありがとうございます。

仕事のできる人はプレゼントの方法も気が利いています。
「流石だ!」と唸っていました。

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。
 
ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案
 

自分の未来を切り拓くのは

 

日々何に一番時間を投資しているかで決まる

 

 

 

 

-シェア情報

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.