|・プロ意識

☆“誠実”な人を見つけるのはムズカシイ?

投稿日:

有名になるほど個人との距離は離れていくのか?

 

僕の好きな曲,ビリー・ジョエルの「オネスティ」(Honesty)
「オネスティ」は和訳すると「誠実」

歌詞は

「優しさ」を見つけるのはそれほど難しいことではない
でも誠実な人を見つけるのは難しい

そんな内容です。

今飛ぶ鳥を落とす勢いの有名なコンサルタント2名。

一名は男性で、もう一人は女性。

どちらもメルマガ購読をしていて、
つい先日両名に感想を書いて送りました。

女性コンサルタントAさんはなんと2日で200名近い返信が来たそうで
ちゃんと僕にも内容を読んで、返信をくださったことに驚きました。

一人5分でも一日100名に返信するのにどれだけ時間がかかるか計算してみてください。

そして僕が出したメールは通常では絶対にしないスタイルです。
自分の名前も書かず、いつもの感想文の十分の一の文章量で送付しました。(意図的に)
というのも、大抵は返事も来ないのが大半で、来てもたった1行という女性起業家が多いからです。
ですがそんな内容のメールでも相手の書いた文面を返信文には太字にして回答して

文章にして回答されている細やかさに感動していました。

今年に本を出版されるそうです。

こんな誠実な方が大きく羽ばたかれていくのが自分のことにように嬉しく感じます。

もう一人の男性の方はすでに本も出版されていている方で

僕自身その方の書籍も購入し、考え方、ライフスタイルにとても共感した方です。
同様にメルマガの感想を書いて送付しました。

返信が返ってきました。

事務局のスタッフから(^^)

よくあることです。が一言「このメルマガに返信された場合、事務局のスタッフが返信いたします」とどこかに記載があればいいですね。

お客様、ファンの方はその人が読んでくださると思って書いているので。
またいつも送られてくるメルマガの本文はいつも僕の名前を冒頭で書いてきているので。

個人のやり取りをするためのメールが機械的に自動送信、返信文はスタッフ対応だと
いかにご本人が素晴らしくてもブランディングのイメージを損なう感じがしました。

どこかに一文書く配慮。

女性コンサルタントAさんのように全員に手紙のような直筆の個別にメールの返信文をご本人が書かれている姿に僕は心を打たれます。
まして女性専門のコンサルタントです。
ですので自分の名前も書かなかったのですが。
男性とわかった時点でメルマガ購読を解除する女性コンサルタントの方もいますので。

だれもが限られた人生の時間を生きています。

その自分の人生の時間を割いてまで相手に何かをする。

「誠実」とはそういうことだと思います。

■編集後記

夜中に「あのメールチェックしないと!」とふと降りてきました(笑)
長年、アクセスしていなかったメールアドレスを開けてみると

案の定、留学時代のサウジアラビア人の友だちから3通続けてメールが来ていました。

すぐに返信。

するとまたすぐに返信が。
冒頭の文は

「おまえ、結婚はまだなのか?」でした(笑)

アジア人の言うことは誰もが同じですね。

毎回、冒頭の文が同じなので

いつの日か

「結婚したよ♪」と返信するのが

ある意味「誠実」なことかもしれませんね(笑)

 

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。
 
ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案
 

世の中には

あなたを必要としている人がいる

-|・プロ意識

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.