教室ブログ集客・顧客対応のヒント

“選ばれるブログ”と“選ばれないブログ”の違い

更新日:

毎日更新しているのに「お問合せ」がないのはなぜ?

 

 

大切なのは“正しい方向”への努力

 

2つのピアノ教室

どちらもブログをしています。
それもアメーバーブログ(笑)

そしてどちらも毎日ブログ更新しています。

Aさんのピアノ教室はブログからお問合せがあります。
Bさんのピアノ教室はブログからお問合せがありません。

いったい何が違うのでしょうか?

お客様は何を基準に選んでいるのか?

 

わかりやすい例で。

あなたが例えば高額な商品をネットから購入するとします。

あるブランドのバックを探していてやっと見つかり
2つのネットショップが残りました。

Aというネットショップは運営者の顔がわかります。
プロフィールには顔写真を掲載。
趣味なども明記。もちろんホームページ+ブログもあり日々の様子もわかります。

要はその運営者の人柄がちゃんと伝わっているということ「安心感」、「信頼感」があるということです。

Bというネットショップはプロフィールに何も書いていません。顔写真もありません。
名前も書いていません。
どんな人が運営しているのか全くわからいない状態です。
お客様からすれば「不安感」、「不信感」しかありません。

ネットショップで例えましたがブログでも同じです。

ピアノ教室では教室のブランドになる
“スタインウェイ”

スタインウェイで習いたいという生徒さんがいるとします。
2つのピアノ教室が候補に残りました。

プロフィールやブログの記事を見たときにどれだけあなたという人が
初めてあなたのブログを訪問した人に伝わっているか
です。

そして毎日記事を更新していても
Aというピアノ教室は

・私はレッスンのためにこんな改善をしました。
・今日はどこどこでピアノ奏法の勉強会でした。
・今日は感性を高めるためにこんな本を読みました。
このフレーズに感動しました。
・今日は新しいホールでの打合せでした。

など自分のピアノ教室を向上させるために日々努力している姿が見えているブログ。

Bというピアノ教室は

・今日は高校時代の友人とイタリアン!料理の記事と写真

・今日は子供の運動会でした。運動会の記事と写真
・今日は新発売のお菓子を買いました。お菓子の記事と写真
・今日は私の愛犬◯◯ちゃんを紹介します。愛犬の記事と写真。

どちらも毎日ブログを更新しています。

あなたがもしお客様だった場合、どちらの教室に申し込みたいと思うでしょうか?

ブログ1つより“ホームページ+ブログ”の2つの方が強い

 

またホームページも持っているピアノ教室と
ホームページがないピアノ教室

最終的に通える範囲で2つのピアノ教室が残って
甲乙つけがたい場合、ホームページがあるほうに
お申込みがいくでしょう。

それだけ本気で準備している教室はビジネスでの信頼度がアップするからです。

実際、Webの有料セミナーに多数参加していますが
講師の方が共通して言われるのは
例えば名刺交換をして
相手の方がホームページのアドレスもない場合
ホームページを持っている人から見たらどう見えるかです。

 

厳しい意見かもしれませんがもう来年平成30年。
ネットから集客したいのにまだホームページも持っていない人を世の中の人はどういう印象を持つか。
そして実際に選ばれている人はブログ+ホームページのダブルで集客している現実。

駅前の北口でチラシを撒いている人と
駅前の北口と南口、両方でチラシを撒いている人
どちらが集客の効果が高いかは容易に想像がつくと思います。

 

 

あなたの今のブログから伝わっているは「安心感」それとも・・・

 

冒頭でネットショップで例えましたが怪しげなところにはお申込みはしづらいというのが本音です。

あなたが実際にお会いして人柄も素晴らしいのに
でも残念ながらブログからは怪しさしか伝わっていないのなら今すぐ改善が必要です。

ライバルはどんどんプロに頼んで改善している現実があるのですから。

 

自分で自分を客観的に見つめるのは一番難しいことです。

 

お寺の高僧が数十年修行し断食を行い内観してやっと悟りの境地に至るように。

自分で自分を見つめるのはある意味悟りの境地です。

 

「いえいえ私はいまから数十年かけてブログ改善します」という方はどうぞご自由に。

日進月歩のWebの世界、日々その情報を得ている人のサポートを得て

今すぐ改善を始めるのもどちらの選択も自由です。

 

どちらがあなたを必要としている人とご縁をつなぐかはご自身でお考えになってくださいね。

 

数あるブログの中から最後まで記事をお読み下さって

ありがとうございます。

 
ご縁に感謝

改善配達人

今日の改善提案

人は値段で選ぶのではなく、

教室の設備で選ぶのでもなく

「あなた」で選ぶ

-教室ブログ集客・顧客対応のヒント

Copyright© ピアノ教室集客方法・ブログから生徒数6ヶ月で24名「魔法の改善」改善コンサルタント改善配達人 , 2018 All Rights Reserved.